お気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広洋電子の社長ブログ

新入り

2013年09月17日

今回バトンが回って参りました、櫨川(ハゼカワ)と申します。

さて、私からは最近会社に仲間入りした新入りのご紹介です。
といっても、新しく社員が入社したというわけでもなく・・・。
新しく仲間入りしたのは、こんなヤツ↓

加工機1.JPG

はてさて、この機械は一体何をするものでしょう?



・・

・・・

ファイナルアンサー?


正解は、基板加工機でした!!
ではでは、基板加工機ってなに?ということで、簡単なご説明を。
まず、基板についてですが、様々な電子機器であふれかえる昨今、そこに組み込まれている電子回路を形作るために必要な“板”が基板です。
みなさまも、細い回路パターンが“あみだくじ”のように行ったり来たりしたものを、一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。
では、基板の回路パターンはどうやって形成されるのか申しますと、一面が銅箔で覆われた基材から、パターン以外の不要な銅箔を溶剤で溶かしてしまうというのが一般的な方法です。
それに対して、弊社がこの度導入した写真の機械では、不要な銅箔部分をドリルの刃で削り取ることでパターンを形成します。

加工機2.JPG

溶剤の管理が不要なため、お手軽です。
しかし、お手軽だからと言って、侮ってはいけません。
この加工機のキットではレジスト処理やシルク印刷、スルーホールの形成まで行えるようになっており、上手く使えば、一般的な基板と遜色の無いものが作製可能となっております。
ちなみに、加工機のトレーニングで製作し基板がコレ↓

基板.JPG

ちょっと歪なのは、初めての作業でのご愛嬌ということで。
今回は大変有り難く助成金を頂いて導入ということで、社内にて教育訓練やテストに励んでおります。
本格稼働できるようになるとバリバリ働いてくれること間違いなし!
その日まで乞うご期待ということで・・・。
posted by koyo-denshi at 09:56 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。